主に水中に入るときに着用する胴長靴で、水に濡れて体温が下がるのを防止する役割があります。
ルアー釣りや渓流釣りに用いられることが多いですが、釣りだけではなく、ガーデニングや農作業・漁業作業など水を使う作業にも幅広く活躍します。
その形状、素材にはさまざまな種類があり、どのタイプのウェーダーを選んだら良いのか困る人も多いはず。 そこで、形状・素材・靴底の3つの項目から選び方のポイントを解説していきます。

ウェーダーを選ぶ際の3つのポイント

ウェーダーの形状と用途で選ぶ

ウェーダーの形状は長さによって分類されており、膝下、股下(ヒップ)、腰(ウェストハイ)、胸(チェストハイ)までのものがあります。 また、ブーツと一体になったものと、ブーツ部分がソックスタイプで別にシューズを上から履くタイプがあります。

形状ヒップウェーダーウエスト(ハイ)ウェーダーチェスト(ハイ)ウェーダー
イメージ
特徴水深の浅いところなど、ちょっと水に入るときに向いている通常のズボンとほぼ同じ長さ 膝くらいまでの水深ならウェストタイプで十分胸までの長さで、腰辺りまでの水深もカバーできる
おすすめ用途例 : 潮干狩り、ガーデニング、浅い箇所での釣り など例 : 渓流釣り、ルアー釣り全般 など例 : 中流~下流域の河川での釣り など
良い点比較的短めのため脱ぎ履きが楽 動きやすいため、移動距離が長い場合にも向いている水深のある場所に入る場合、ヒップウェーダーよりは安心感がある水深のある場所に入る場合、3つの中で一番安心感がある
注意点股下までの長さのため、不意の波に濡れないよう注意が必要腰まで浸かってしまうと浸水の恐れがあるので注意ほぼ全身を覆うため季節によっては暑い
転倒などによりウェーダー内に水が浸水すると非常に危険
関連商品

ヒップウェーダー 70D (ラジアル底) OH-845


プロックス PROX 自立ヒップウェダー (ラジアル) PX342 キャメルベージュ


ヒップウェーダー OH-800 ウェダー

ウェーダー ウエストハイウェーダー OH-810 インナーメッシュ付き


ダイワパワーウェーダー(ウエストハイ型) グレー PW-3206R

リバレイ RBB 3Dサーフウォーカー グレー #8874


リバレイ RV 55thラジアルウェーダー グレー #5387


ウェーダー チェストハイウェーダー OH-820 インナーメッシュ付き

上記の3種類に加え、足の部分が長靴になっているブーツタイプのものと、ウェーディングシューズを履くためのソックスタイプとがあります。

形状ブーツタイプソックスタイプウェーディングシューズ
イメージ
特徴一体型のタイプ防水素材の靴下状になっており、別売りのウェーディングシューズを履くタイプソックスタイプの際に着用
靴底(ソール)はウェーダー同様3種類
良い点簡単に着脱ができ、洗うのも楽
さまざまなポイントへ移動する場合に向いている
ブーツタイプよりも足首の自由が効くため、歩きやすい
渓流釣りや磯場に向いている
左記参照
注意点サイズが合わないと靴ずれや足が疲れやすくなる着脱に時間がかかる
左記参照

関連商品
リバレイ RBB 3Dサーフウォーカー グレー #8874


リバレイ RV 55thラジアルウェーダー グレー #5387


ウェーダー チェストハイウェーダー OH-820 インナーメッシュ付き

リトルプレゼンツ W-45 N3 ウエストハイウエーダー

リバレイ RV ウェーディングシューズFE 2 グレー #5371


リトルプレゼンツ ライトウェイト WDシューズ SH-04

ウェーダーの素材で選ぶ

素材には、ナイロン、ゴアテックスなどの透湿素材、ネオプレーンと主に3種類あります。

形状ナイロン透湿素材ネオプレーン
イメージ
特徴透湿加工をしていないため一番安価で、比較的丈夫蒸れにくいが、比較的高価ダイビングのウエットスーツなどに使用される素材で、水を含んでも高い保温効果がある
良い点比較的価格が安価湿気を通すので蒸れないため履き心地は良い保温効果があるため、水温が低い時期に役立つ
注意点湿気を通さないのでウェーダーの下には速乾素材のタイツなど合わせてはくと良い
ムレは水に入っていればあまり気にならない
あまり丈夫な素材ではないため、取り扱いには注意
メーカーごとに使用する素材が違う為価格と性能は安価な商品から非常に高価な商品まである
使用頻度と用途で判断が必要
保温されるため夏場には向いていない
関連商品
リバレイ RBB 3Dサーフウォーカー グレー #8874


ウェーダー チェストハイウェダー 70D (ラジアル底) OH-850 


ウェーダー クロロプレーンウェダー (フェルトソール 中丸) OH-8800


オレンジブルー マズメ mzネオプレーンウェイダー(フェルトソール) ブラック MZBF-431

ウェーダーの靴底(ソール)で選ぶ

底には、ラジアル、フェルト、フェルトにスパイクピンのついたフェルトスパイクと主に3種類あります。

形状ラジアルフェルトフェルトスパイク
イメージ
特徴
普通の靴と同じような靴底で、歩きやすい
フェルトが靴底に貼り付けてあるため、歩きやすく、滑りにくいフェルトにスパイクピンの付いた靴底で、フェルトソールよりも濡れた場所でも滑りにくい
良い点土・砂・アスファルトなどを歩くのに向いている苔のついた場所でもラジアルに比べると滑りづらい
接地面が広ので歩いて疲れにくい
水アカや苔、滑りやすい石にも強い
注意点

苔が多い場所や濡れた岩などは滑りやすく不向き
フェルト部分が水を吸収するので、乾燥に時間が掛かる
アスファルト・コンクリートの上を長時間歩くとフェルト部分が減りやすい
どんな場所でも滑らないと言う事ではないため、過信は禁物
フェルト部分が水を吸収するので、乾燥に時間が掛かる
アスファルト・コンクリートの上を長時間歩くとフェルト部分が減りやすい
どんな場所でも滑らないと言う事ではないため、過信は禁物
関連商品


リバレイ RBB 3Dサーフウォーカー グレー #8874


ウェーダー ウェストハイウェダー 70D (ラジアル底) OH-855 


ダイワパワーウェーダー(ウエストハイ型) グレー PW-3206R

ウェーダー チェストハイウェーダー OH-820 インナーメッシュ付き

ウェーダーを使用する際の注意事項

ライフジャケットとの併用を!

ウェーダーはあくまでも濡れることを防ぐためのもの。 もし、転倒などで内部に水が入ってきた場合、自力で起き上がることは困難であり、場合によっては溺れてしまうことも。そのような事態を防ぐために、ライフジャケットを必ず着用しましょう。 また、磯場や波が荒れている場合は、ウェットスーツの方が安全です。

保管する上での注意

ウェーダーは紫外線で素材が劣化していくため、日の当たる所での保管は厳禁。 基本は陰干しで、中を洗った時や蒸れた後などは、裏返して陽に当てましょう。 曲げると癖がつき、そこからの劣化が早くなりやすいのでハンガーで室内にかけおくのがオススメです。

ウェーダーに傷や穴ができてしまった!

ソール部分の張り替えや明らかな水漏れはメーカーにて修理となります。費用はメーカーにご確認下さい。ウェーダーは消耗品です。安価な商品は修理でなおすより買い替えがオススメです。

岩で擦ったり、フックで刺したりなどの小さな傷や穴なら、専用の補修布や補修接着剤などで直すことができます。