初めての魚釣り

エリアトラウト入門編(ルアー釣り)

初心者の方にもおすすめ、管理釣り場。

あまりなじみのないトラウトと言う魚の種類ですがニジマスやアマゴと言えば聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
管理釣り場は川をせき止めたタイプや野池やダム湖などいろいろなタイプがあります。
管理がしっかりされているので魚の数や種類が豊富で定期的に放流を行う為、比較的簡単に魚を釣ることができます。
家族や友人など初心者の方にもお勧めな管理釣り場で釣りを初めて見ませんか?

管理釣り場にも1年を通して釣りやすい時期と釣りにくい時期がある。トラウトは冷水を好み、適水温は10~15℃前後といわれており、最低水温は1 ~ 2℃で、最高水温は22 ~ 23℃くらい。
トラウトに限らず、魚の体温は水温とほぼ同じで、水温が下がりすぎると魚は冬眠状態で動かなくなり、逆に水温が上がりすぎると魚は死んでしまう。

管理釣り場の水温は自然まかせのところが多く、魚の活性は水温と天候で変わってくるが、春と秋が比較的釣りやすい。
低地にあるポンド型の釣り場は、気温が上がりすぎると魚の活性がまったく上がらないため閉鎖する釣り場もある。
渓流型の釣り場の場合は、夏でも水量が多く水温が一定で魚の活性が下がらないため年中無休のところが多い。

釣場のタイプについて

ポンド型(溜め池タイプ)

ポンド型は、池の形をしている止水タイプの釣り場のことを指し、管理釣り場の多くはこのポンド型となっている。
ポンド型の釣り場は、一定水位に保たれた大きな池にたくさんの魚が放流されているタイプ。

渓流型(ストリームエリアタイプ)

自然の川を利用しそこに魚を放流しているタイプ
流れのある川を仕切ってある流水タイプの釣り場のことを指し、ストリーム型とも呼ばれる。

プール型(屋外型プール施設の遊休期間を利用した管理釣り場)

開催時期は10月ごろから始まり、翌年4月末ぐらいで閉まる釣り場が多いです。

エリアトラウト入門 におすすめな時期

◎ベストシーズン! △まあまあ釣れます ×おすすめできません

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
※地域・ポイント(岸や船など)によりタイミングが異なることがあります。

 まずは道具選び