「心躍る釣り体験をもっと多くの人へ」つりチャレとは、フィッシング遊が運営する情報発信サイトです。

食べちゃダメ!気をつけるべき魚の食中毒

目次

自分で釣った魚の味は格別!でも、注意が必要な魚も!

新鮮な魚を食べられるのは釣り人の特権です。釣りたての鮮度抜群な魚は、お金を出しても簡単に食べられるものではありませんが、釣り人ならば自分で釣ってしまえばOK!その美味しさを知ってしまったら、もう釣りをやめられなくなること間違いなし!

ただ、大多数の魚は美味しく食べることができますが、中には毒を持っているものや寄生虫・鮮度などに気をつけなければいけないものもいます。今回は、釣った魚を美味しく食べて釣りを楽しむために、注意すべき魚をご紹介します。

フグのテトロドトキシンは猛毒!

多くの釣り人はご存知と思いますが、最も身近で最も危険な毒魚は、やはりフグでしょう。堤防や漁港、砂浜、磯、沖などのあらゆる場所で釣り人の邪魔をしてくる厄介な存在です。写真の「クサフグ」もおなじみの釣りの外道ですが、小さい体で強いフグ毒を持つ特に危険な種類です。

体内に「テトロドトキシン」という神経毒を備えて外敵から身を守りますが、誤って食べてしまえば人間でも死んでしまうような猛毒です。特に卵巣や肝臓などの内蔵に強い毒を持っていますが、筋肉中にも強い毒を持っている場合があります。フグの種類や生息地、個体差などにより有毒部位や毒の強さが異なりますので、よく知らない素人の料理は大変危険です。万一食べてしまうと、痺れや麻痺、呼吸困難等の症状が出ます。特効薬や治療法はなく、人工呼吸器などでの対処療法しかありませんが、すぐに病院へ搬送するしかないでしょう。

美味しい魚でもあるフグですが、フグをさばくには「ふぐ調理師免許」が必要です。どうしてもフグを食べたい時は、フグ料理店でいただくか、フグの乗合船で釣ったものを船頭さんに処理してもらいましょう。ただ、美味しいからといって食べ過ぎにはご注意下さい。

釣ったサバなどの刺し身はアニサキスにご用心!

近年、鮮魚の流通技術の発達と刺し身などの生食のブームにより、「アニサキス」による食中毒が注目されてきています。鮮度の良い魚を十分な冷凍・加熱しないまま食べることで起こるため、自分で釣った魚でも注意が必要です。

アニサキスは様々な種類の魚やイカの内蔵に潜む寄生虫で、魚が死亡して時間が経過するとアニサキスは逃れようと筋肉中へ移動します。これを気づかずに食べてしまうと、宿主ではない人間の体内から逃れようと胃壁や腸壁に食いつき激痛に襲われます。症状としては激しい腹痛や吐き気、場合によってはアレルギーの反応が出ることもあります。

アニサキスが特に多いのはサバ、サケマス類、タラ、スルメイカ(ホタルイカには旋尾線虫がいるので生食は要注意)などですが、幅広い魚種に寄生しています。予防するには、魚を60℃以上1分以上の加熱やマイナス20℃以下24時間以上の冷凍するのが有効です。生食の場合は、釣った魚を極力早く内蔵を除去する、調理時に目視で筋肉に侵入していないか確認する、いかそうめんのように細く切る、よく噛んで寄生虫に傷をつけることで被害に遭う確率を下げることができます。また、アニサキス症は木クレオソートを含む正露丸を服用することで痛みを緩和できるらしいので、刺し身好きには必須かもしれません。

青魚は鮮度が命!ヒスタミン食中毒に注意!

アニサキスに注意が必要なサバですが、鮮度低下で起こる「ヒスタミン食中毒」にも注意が必要です。サバ以外にも、マグロやカツオ、ブリ、アジ、シイラなどでも発生します。釣り人に嫌われることの多い写真の「マルソウダ」も、このヒスタミン食中毒になりやすいことが嫌われる原因です(実際は物凄く旨い魚ですが)。

サバなどの青魚には必須アミノ酸であるヒスチジンが多く含まれています。成長促進などの効果があるヒスチジンですが、時間が経つと細菌によりヒスタミンに変えられます。これを食べてしまうと、顔が赤くなったり、かゆくなったり、蕁麻疹、頭痛、嘔吐、下痢などアレルギーのような症状が出ます。

予防するためには、青魚は新鮮なうちに食べてしまうことです。常温で放置せずに、冷えたクーラーボックスで保存することでヒスタミン生成を遅くできます。また、一度生成されたヒスタミンは加熱では分解されないので、新鮮なうちに冷凍・加熱処理する必要があります。また、発症してしまった場合は、抗ヒスタミン剤で症状を緩和できます。花粉症などのアレルギー体質の人にはおなじみの薬ですね。

淡水魚・汽水魚の生食は要注意!

近年の生食ブームで、淡水魚や汽水魚を刺し身で食べる機会も増えてきていますが、「自分で釣った魚でもやってみよう!」と簡単にマネをしてはいけません。これらの魚やエビ・カニなどの甲殻類には寄生虫が潜んでいる可能性があります。

生食用に管理された養殖魚を除き、淡水・汽水に住む生き物全般は横川吸虫や肺吸虫、顎口虫などの寄生虫を保有しているリスクがあります。下痢やかゆみなどの軽症で済む場合が多いようですが、重症化すると寄生虫の皮膚下移動に伴う激痛、失明、脳障害など恐ろしい事態になる可能性もあります…。寄生虫症はアユやボラの生食で発生している事例が多いらしいですが、イワナやヤマメなどの渓流魚やマハゼなどのメジャーな食用魚にも寄生虫はいます。

中までしっかり熱を通すことで寄生虫は死滅しますので、淡水・汽水の魚、エビ・カニは加熱料理が向いています。マイナス20℃以下で3~5日の冷凍でも駆除可能とのことですが、家庭用冷凍庫では十分に温度が下がらないこともあるので、生食の場合はしっかり管理された生食用の養殖魚を購入するか、専門の川魚料理店で味わう方が安全かもしれません。

ウナギが毒魚!?血液に気をつけて!

日本人に古くから愛されている食用魚であるウナギですが、実は扱いを間違えると危険な魚でもあります。ウナギやアナゴ、ハモ、ウツボなどのウナギ目魚類の血液中には「イクシオトキシン」というタンパク毒があります。

生のまま食べてしまうと、下痢や嘔吐などの症状が現れますが、最も危険なのは調理中です。ウナギの血が皮膚に触れると炎症を起こしたり、目に入ると結膜炎になったり、最悪の場合は失明することも…。

イクシオトキシンはタンパク毒なので、60℃5分の加熱で失活します。そのため、しっかり火を通せば安全に食べられます。なお、一部のお店で提供されているウナギの刺身は、完全に血抜きをされたものを提供していますので、安易にマネをすることはオススメしません。また、自分でウナギをさばく際は目を保護する、血に触れない、すぐに洗い流すという注意が必要です。慣れない人はさばいてあるものを購入するか、鰻屋さんでいただく方が良いかもしれません。

南国の魚はシガテラ毒やパリトキシンにご用心!

暖かい海には色とりどりのたくさんの種類の魚や水棲生物が生息していますが、中には触ると危険な生き物や食べたらいけない生き物もいます。普段と違う釣り場で見知らぬ魚を食べる前に、よく調べることをおすすめします。

シガテラ毒は渦鞭毛藻という藻類を藻食生物が食べて、渦鞭毛藻→藻食生物→小型魚→大型魚と食物連鎖により、徐々に「シガトキシン」という毒素を濃縮されて魚が毒化することで発生します。熱帯・亜熱帯のサンゴ礁域で広く発生し、日本では沖縄や本州の太平洋沿岸などで起こります。下痢、嘔吐、筋肉痛、倦怠感、ドライアイス・センセーションという症状がみられます。発生する魚種は400種類以上あり、バラフエダイ、バラハタ、ドクウツボ、オニカマスなどの有名な毒魚のほか、イシガキダイ、ヒラマサ、ギンガメアジなどの食用魚でも発生する場合があります。特に生態系の上位に位置する大型魚や老成魚でリスクが高いです。

フグ毒よりも強力と言われる「パリトキシン」様中毒も、本州・四国・九州の暖かい海域を中心に発生します。シガテラ同様に、生物濃縮により魚が毒化すると考えられています。特にアオブダイで多く発生していますが、ハコフグと仲間のウミスズメ、ソウシハギ、クエなどでも報告されています。激しい筋肉痛、呼吸困難、麻痺という症状が出て、重症の場合は死に至ることもあります。特に肝臓などの内臓に毒が溜まりやすいようです。

どちらの毒も加熱しても消失せず、特効薬もないので治療は対処療法のみになります。中毒のリスクを下げるには、南国の見知らぬ魚が釣れても安易に食べない、大型魚や老成魚は注意する、肝臓などの内臓を避けるということが挙げられます。また、現地の漁師や釣り人が食べない魚は避けた方が無難でしょう。ただ、近年は地球温暖化に伴う海水温の上昇の為か、原因となる藻類の分布域が北上しているようです。従来は問題なかった海域でも今後は注意が必要になるかもしれません。

正しい知識をつけて、おいしくいただきましょう!

ここまでたくさんの恐ろしい毒魚や寄生虫をご紹介しましたが、私たちが普段釣りをする場所には必ずしもこのような毒魚が多いわけではありません(フグ以外は)。アニサキスなどの寄生虫がいたとしても、必ずしも食中毒になってしまうわけではありません。必要以上に怖がることはありませんが、野生生物を食べるということには一定のリスクを伴います。釣れた魚は食べる前によく調べてみることで、安全に美味しくフィッシングライフを楽しむことができます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代は魚類の研究をしながら、釣り三昧の生活を送っていました。美味しい魚を発見するべく、釣れた魚はとりあえず食べてみるのがモットーです。

SHOP INFO

FLD春日井店

春日井店
FLD

〒480-0305 愛知県春日井市坂下町4丁目613 
TEL:0568-27-5411
営業時間:AM10:00~PM9:00
定休日:火曜日(但し、祝日・祝前日除く)
※営業時間は時期により異なる場合がございます。詳しくは店舗までお問合せください。
中古釣具の販売・買取、レンタル釣具の取扱。
お買い得な釣り入門セットやレンタルタックルをご用意して、
初心者の方でも釣りを楽しめるようにサポート致します。

目次
閉じる